世界5分前仮説:この世界はシミュレーションなの?(知的な小話6)

ここでは、日常会話で使える知的な小話と、実際の使用例を紹介します。 

世界5分前仮説とは

世界5分前仮説は、 「世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という名前そのままの仮説です。

ラッセルというイギリスの哲学者によって提唱されました。


私たちには数年前の記憶もあり、一見あり得ないような仮説に思えます。

しかし、偽の記憶を5分前に植え付けられた状態で世界が始まったのだと考えれば、以前の記憶があることも、この仮説の反証にならないため、完全に否定することは難しいです


シミュレーション仮説について

世界5分前仮説は「この世界は上位の存在が作ったシミュレーションである」とする、シミュレーション仮説の一種と言えます

要するに、私たち人間も含め、この世界は物凄く精密なコンピュータプログラムで出来ているという考え方です。

一見突飛な考えですが、世界には本気でその可能性を探求している学者もいます。


こうした人々が世界をシミュレーションだと考える根拠をいくつか紹介します。

物理法則が数式で説明可能であること
→ この宇宙で起こる自然現象は、全て数式で表すことができます。ニュートンやアインシュタインなどの多くの科学者は、数式を用いてこの世界の現象を説明することに成功し、未知の事象も数式を使って予知してきました。万有引力や相対性理論など、全ての物理法則が数学で表現できてしまうのは、この世界がプログラムで書かれたシミュレーションだからなのかもしれません。

量子の動きが観測者の有無によって変わること
→ 有名な実験に、二重スリット実験というものがあります。これは簡単に言うと、量子(原子よりも小さなこの世の最小単位)の振る舞いは、その動きを人間が観察していない場合は未確定で、観測した時点で確定するということを示した実験です。まるで人間が見ていないところでは、処理の負荷を軽減し、見ているところでのみ処理を行うプログラムかのような振る舞いです。

超常現象の存在
→ 世界には、テレポートやテレパシーなどの超能力や、生まれ変わりや幽霊などの超常現象がたまに報告されています。現実ではあり得ないことですが、この世界を構成するプログラムのバグだと考えれば、そうした事象も説明可能です。


この話に興味を持った方は、ぜひ鈴木光司『リング』『らせん』『ループ』を読んでみることをおすすめします。

貞子や呪いのビデオで有名ですが、シミュレーション仮説もテーマとして取り扱われており、非常に面白いです。

日常会話での使用方法

「俺は友達も彼女もいないし、無職だし、不細工だし、もうダメだ」

「世界なんて5分前に適当に作られたんだから気にするな。・・・にしてもお前ちょっとやばいな」

漫画でおさらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です